忍者ブログ

[PR]

2017年10月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トレイダーズ 証券の最新情報。

2008年11月21日
日経225デイタイムフラッシュ081121








●「ツェラーの公式」 で、どうして曜日が求まるのでしょう?


「ツェラーの公式」 で、どうして曜日が求まるのでしょう?西暦(グレゴリオ暦 GC)y 年 m 月 d 日の曜日を求める。y = 100c + n, 1583 ≦ y ≦ 3999A = [c/4] - 2c + n + [n/4] + [26(m+1)/10] + d - 1 を求め、求める曜日 w = mod(A,7) ← エクセルでの式(A を 7 で割った余りを求める)この時、w = 1 → 月曜、2 → 火曜、3 → 水曜、..... 7(0) → 日曜 に対応する。但し、1月は m = 13, 2月は m = 14 とし、この計算での年は y-1 を上記式に入れる。 -------年月日(GC)が与えられて、その曜日は、卓上計算機があれば、手計算でも求めることが出来ます。例えば、1998年 1月 30日の曜日は? ....ある基準となる年月日の曜日を承知していればよい。計算上解りやすいのは、GC 紀元元年元日(AD 1年 1月 1日)で、これは月曜日となります。この日から1998年 1月 30日までの日数を計算し、それを 7 で割ればよい。7 の周期で回るのだから、割った余りが 1 であれば月曜、2 であれば火曜、.... となる。グレゴリオ暦の暦年(平均)は 365.2425日(2008-1)x365.2425 = 前年の 1997年12月31日までの日数。暦日では小数点以下は 1日とはならないので切り捨て。 → [(2008-1)x365.2425]これに、該当年の年初から当日までの日数を足せば、総日数。∴ X = [(2008-1)x365.2425] + 該当年での当日までの日数w = mod(X,7)実際、ツェラーの公式でも、上の手計算でも、w = 1 = 月曜 となります。-------さて、どうして、ツェラーの公式で曜日が求まるのでしょうか?考え方としては、基準の日から該当日までの日数を 7 で割り、余りを曜日に対応させる、これしかないと思うのですが .....・ 余り 1 が月曜に対応するのですから、基準の日は月曜なのでしょうね。。。。・ 手計算では、グレゴリオ暦の暦年の 365.2425 を掛けたのですが、ツェラーの公式ではこの因子はない。・ 1583 ≦ y ≦ 3999 の条件指定あり。 この条件指定に、手掛かりがありそうなのですが、解りません。自分なりに考えてみたのですが、解りません。せめて、手掛かりなど教えて頂けるとありがたいのですが。宜しくお願いします。


続き
---






●FXをやろうと考えていますが、手数料無料という会社も..


FXをやろうと考えていますが、手数料無料という会社も結構あります。これらの企業はどのようにお金を稼いでいるのでしょうか?





またFXをやるにあたってどこの会社を選べばいいか迷っています。外為どっとコムは大手ということで、こちらでは口座を作る予定ですが、他に良いところを教えてください。手数料の安さ、使いやすさ、取り扱い為替の多さなど総合的に見てのおすすめを希望します。理由も教えてください。自分的にはトレイダーズ証券 ネットフォレックスも良いかなと思っております。





FXの会社はたくさんあってどれがよいか悩む次第です。


続き
---






脱出ゲーム趣味


アリス九號. エンジェル


ファッション ニュース





PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: